【車より自己投資】新卒で車の購入をおすすめしないたった1つの理由

新卒社会人

  • 新卒で憧れの自分の車が欲しい!
  • 新卒で車を買うのってぶっちゃけ有り?

新卒で給料をもらい始め「自分の車が欲しい!」と考え始める人、多いのではないでしょうか?

結論、新卒で車の購入はおすすめしません!

車を買うくらいなら、その分ガンガン貯金して自己投資に充てたほうが絶対いいですよ。

20代で1,000万円の資産を形成することが出来た私が、新卒の車購入をおすすめしない理由について詳しく解説していきます。

この記事を読むと以下が身につきます

  • 新卒で車の購入をおすすめしない理由
  • 車の購入にかかるお金について
  • 車の維持費について
  • 新卒が車を購入するハードルの高さについて
  • 新卒に貯金が必要なわけ

新卒で車の購入をおすすめしないたった1つの理由

新卒で車の購入を夢見ている人は多いと思いますが、新卒で車の購入は絶対おすすめしません!

その理由はズバリ「お金がかかるから!」です。

車の購入や維持にどれだけのお金がかかるかお話ししていきます。

単純に車の購入にはお金がかかる

Hikaru

車の購入費用は大きく分けて『車両本体費用』『法定費用』『代行費用』の3つです。

まず車両本体の購入費用相場は以下の通りです。

【新車の場合】

  • 普通車:約100~300万円
  • 軽自動車:約80~150万円

【中古車の場合】

  • 普通車:約150万円前後
  • 軽自動車:約50万円前後

法定費用には以下のようなものが含まれます。

  • 自賠責保険料
  • 自動車重量税
  • 印紙代など

法定費用は、軽自動車で2万2,240円~3万1,340円、普通車で2万2,750円~7万3,650円ほどかかります。

代行費用はひとそれぞれですが、代表的なものに以下の2つがあります。

  • 車両登録代行費(10,000~30,000円程度)
  • 車庫証明書代行費(3,000~10,000円程度)

新卒社会人

うーん、車買うのってこんなにお金がかかるんだね…

車は維持費も高い!

Hikaru

車は買ったら終わりではありません!実は維持費も結構かかります

まず数年に1回払うべき費用は以下のようなものがあります。

軽自動車 普通車(2.5L)
自動車税(1年に1回) 10,800円 43,500円
車検(2年に1回) 約6〜7万円程度 約8〜10万円程度
自動車重量税(車検時) 12,300円 16,400円
自賠責保険料(車検時) 12,422円 12,806円

次に毎月かかる費用には以下のようなものがあります。

軽自動車 普通車(2.5L)
任意の自動車保険料(年間) 約80,000円程度 約90,000円程度
ガソリン代(月間) 約6,000~8,000円程度 約10,000円程度
駐車場代(月間) 約10,000円程度 約10,000円程度

自動車保険が気になるひとは三井ダイレクト損保のシュミレーションをしてみましょう。

新卒社会人

この他にもオイル交換や洗車など、メンテナンス費用もかかるよね。

そもそも新卒の車購入はハードルが高い

新卒の人

車は約50~300万円ほどしますから、それを一括現金で支払えるほど貯金がある新卒はかなり少ないでしょう。

そのため新卒が車を購入する場合、ほとんどの人が「カーローン」の契約・利用を検討します。

しかしカーローンの審査では『勤続年数』や『年収』などがチェックされます。

新卒は勤続年数が短く年収もまだ少ないので、カーローンの審査に通りにくいのが現実です。

新卒社会人

カーローンが組めなかったら、そもそも車を買えないってことになるね…

【新卒は貯金して自己投資が大切】車を買うと貯金が難しくなる!

新卒は最低でも100万円は貯金して、自己投資に回すことをおすすめします!

新卒が貯金するためには固定費の削減・節約や、収入アップを考えることが大切。

しかし車を買ってしまうと固定費が激増し、貯金するのが難しくなります。

車を買うと固定費がグッと増える!

Hikaru

固定費とは家賃や保険料など、毎月の支払い金額がある程度決まっている出費のことです。

車を購入すると、毎月以下のようなお金がかかりはじめます。

  • 自動車保険料(約10,000円)
  • 駐車場代(約10,000円)
  • ガソリン代(約10,000円)
  • カーローンの返済(約20,000円)

つまり車を購入すると、毎月約50,000円ほど固定費が増えることになりますね。

これって、新卒の給料では結構キツイと思います。

固定費を削減して貯金に回すべき!

Hikaru

新卒は固定費を削減することで節約し、毎月の貯金額を確保しましょう!

例えばスマホ代や電気料金などは、節約しやすい固定費で有名です。

スマホ代は格安スマホに切り替えるだけで数千円の節約が見込めますし、電気料金も電力会社を切り替えるだけで安くなるケースがあります。

車の購入を検討している人は車の購入を諦め公共交通機関を利用するだけで、約50,000円ほどのお金が節約でき貯金に回せることになります。

新卒で車を買うくらいなら貯金して未来の自分に投資しよう!

 

通勤手段が車しかないような状況であれば、新卒で車の購入も必要かもしれません。

しかし電車やバスで通勤できるのであれば、車の購入は諦めてその分毎月の貯金に回しましょう!

車を買わなくても給料が少なくて貯金ができない…そんな人は副業や転職による収入アップを検討してください。

最低100万円貯金すればある程度の自己投資ができますし、何かやりたいと思った時に行動できます。

転職を検討する際には、ぜひ「転職エージェント」の利用をおすすめします。

転職エージェントの中には無料相談にのってくれるところもあるので、まずは無料相談から始めるといいですよ。

【新卒1年目で転職ってどうなの?】第二新卒でも失敗しない転職活動の準備

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。