Twitterでサクっと10万円稼いで副業を始めた話

【新卒1年目で転職ってどうなの?】第二新卒でも失敗しない転職活動の準備

新卒社員

新卒だけど転職しようか迷っている…
新卒で転職しちゃっても問題無いのかな…
転職したけど、なかなか勇気が出ない…
新卒に強い転職エージェントが知りたい…

本記事では転職活動に関する悩みに寄り添い、次のステップに進むお手伝いをさせて頂きます!

この記事を読むと以下が身につきます

  • 「新卒でも転職しても大丈夫!」と前向きな気持ちになれる
  • 新卒が転職するときに知っておくべき具体的な立ち振る舞いを学習できる
  • 新卒の方におすすめな転職エージェントを知って、次の景色を見る事ができる

Hikaru

退屈で億劫な人生も、ちょっと視点を変えるだけで見え方がかわりますよ!

自己紹介(この記事の信用性)

自分は一部上場企業に新卒として入社しましたが、

  • 見知らぬ土地への配属
  • 希望とは違う部署
  • 昭和スポ根大正義のパワハラ上司

という待遇で、苦しんだ経験があります。

そんな状態から自分でスキルを身に着け、人生を変え、20代で1000万円の総資産を築くことが出来ました。

目次

新卒で転職するのって、実際どうなの?よくある4つの疑問


Hikaru

「会社を辞めたい」と思う瞬間は誰でもあると思います。

しかし、会社を辞めたくても以下の不安が頭をよぎり、なかなか踏み出せないと思います。

  • 転職するときの周りの目はどうなのかな
  • でも会社が嫌なら、早めに辞めたほうがいいかな?
  • 誰かに相談したほうがいいかな

特に入社して1年目だったら、こんなにすぐ辞めてもいいのか不安になりますよね。

そこでこの章では新卒の転職によくある悩みとして、以下の4つをまとめています。

  1. 新卒で転職する人はどのくらいいる?
  2. 新卒で転職って、本当にできる?
  3. 新卒で転職するなら早いほうがいい?
  4. 誰かに相談したほうがいい?

それでは解説していきます。

1. 新卒で転職する人ってどのくらいいるの?


Hikaru

新卒で転職する人は、全体の3割ほどいます。

10人中3人は新卒で転職をしています。

つまり、辞めたいと思っているのはあなた以外にもたくさんいるということです。

なので決してあなただけがすぐに会社をやめたいと思っているわけではありません。

Hikaru

自分も見知らぬ土地での勤務&希望と違う部署で、めちゃめちゃ辞めたくなりました…

2. 新卒で転職って本当にできるの?


Hikaru

新卒で転職はできます!

ただし、辞める理由がはっきりしていないと転職先の面接で苦労する可能性が高いの正直なところ。

  • 悪い例→会社が辛いから辞める
  • いい例→やりたいことが見つかったから辞める

なんとなく辞めるのだけは気をつけましょう。

このあたりについては「採用率アップ!新卒でも転職が成功しやすくなる5つの準備」として、下で更に詳しく解説していきます!

3. 新卒で転職するなら早いほうがいいの?


Hikaru

転職するなら早いほうがいいというのは間違いです。

1番いい転職の方法は、準備がきちんと終わってから転職することです。

ただし、早く辞めるのが悪いというわけではありません。

「精神的に辛い」「うつ状態になりかけている」などという場合は早くその会社を辞めるべきです。

いきなり辞めるのが難しければ、有給を使って何日か休んでみるのもいいかもしれません。

Hikaru

精神疾患は突然やってくるので、ここだけは注意しましょう!

4. 誰かに相談したほうがいいの?


Hikaru

転職を考えているなら、誰かに相談するべきです。

相談すべき理由は以下の通り。

  • 疲れていると正常な判断ができない
  • ひとりで考えても解決しない問題もある
  • 客観的な意見をもらって自分の思考を整理できる

そして相談相手は、あなたの境遇をわかってくれる人がいいですよ。

  • 同じ職場で悩んだことがある人
  • たくさんの人の悩みに相談に乗ってきた人

転職を考えるようなときは、精神的に疲れている可能性があるので、まずは話を聞いてもらうだけでも心は楽になると思います。

行動する元気はなくても、話してみるところから始めるのはとてもおすすめです。

精神的にしんどい方へのおすすめの書籍はこちら

少し心が軽くなるので、ぜひ手に取ってみて下さい。

今すぐ転職するべき!新卒の段階で抱いたら即終了な感情3選


Hikaru

新卒なのに以下の悩みがある人は、すぐに転職を考えた方がいいかもしれません。
  1. 思っていた仕事と違う
  2. 将来に不安を感じる
  3. 明らかに社風が合わない

こんな感情を抱いたのなら、この先のながい会社員生活で変わるのは難しいでしょう。

上記の場合は、早めに転職を考える必要があるかもしれません。

それでは以下で詳しく解説していきます。

1. 思っていた仕事内容と違う


Hikaru

「入社前に聞いていた仕事内容と違う」と思ってしまっているのなら、転職をする方がいいかもしれません。

よっぽどのことがない限りあなたの業務は変わらないため、環境を変えるなら早いほうがいいでしょう。

  • 給料が少ない
  • 仕事にやりがいを感じない
  • 労働時間が思っていたのと違う

どうしても働いてみないとわからない部分はあります。

あなたの責任ではないので、聞いていた話と違うことを伝え、辞めるという選択肢を選びましょう。

2. 将来に不安を感じる


Hikaru

会社で働いていても将来性がないと思ったなら転職を考えましょう。

あなたの上司が、あなたの未来の姿です。

いまは「将来なんてわからないよ」と思う人も「20年後にはこんな上司になりたい」と思える人がいないなら、その会社に将来はないかもしれません。

自分がなりたい理想像がそこにはないなら、今すぐ辞めるための行動をしましょう。

3. 明らかに社風が合わない


Hikaru

会社のスタイルが自分に合わないと思ったらすぐに辞めましょう。

その先あなたのストレスとして溜まっていくことは確定しています。

例えば、

  • サービス残業は当たり前
  • 週末は必ず飲み会がある
  • 人に仕事を任せてはいけない
  • 上司より早く出勤しなければいけない

社風というのはその会社に古くから根付くしきたりのようなものです。

会社が変わることはほぼないので、もし合わないと思うならあなたが変わる選択しかありません。

転職をしなくてもいい選択肢もある!新卒ならではの対処法3選


Hikaru

会社が嫌になったら、必ず転職しか選択肢がないわけではありません。

以下の方法で対処することが可能です。

  1. 異動願いを出す
  2. 第三者に相談する
  3. 他の会社のことを調べる

それでは詳しく見てきましょう。

1. 異動願いを出す


Hikaru

今の部署から異動できれば簡単に環境が変えられます。

あなたが以下の理由で会社が嫌になっているなら、転職まではする必要はないかもしれません。

  • 嫌な上司や同僚がいる
  • 仕事内容が覚えられない
  • 仕事にやりがいを感じない

人間は適材適所です、部署が変われば上記の条件は変えられる可能性があります。

部署異動で解決するなら転職よりリスクが少なく解決できるので、異動願いを提出してみましょう。

2. 第三者に相談する


Hikaru

ひとりで解決しない問題も、第三者に相談するだけで解決することがあります。

例えば以下の人に相談してみましょう。

  • 家族
  • 職場の上司や同僚
  • 転職エージェント

上司に相談すれば直接的な解決をしてくれる場合もあります。

しかし最も効果があるのは「転職エージェントに相談する」ことです。

転職エージェントは様々な職場の問題の相談に乗ってきているため、いわゆる職場の問題を解決するプロです。

しかも転職エージェントは、そのすべてのサービスを無料で利用できます。

あなたが悩んでいる問題を無料でプロが解決してくれるなら、使わない方が損ですよね。

3. 他の会社のことを調べる


他の会社のことを調べることで、今の自分の状況を客観的に評価できます。

転職後を想定したときに、「やっぱり元の会社の方がよかった!」と後悔したくないですよね。

TwitterなどのSNSやYahoo知恵袋で自分の会社の悩みを相談している人も多いので、あなたの会社の状況と見比べてみましょう。

もしかすると転職するよりも、いまの会社を続けている方がいい場合もあるかもしれません。

絶対に失敗する!新卒社員つかってはいけない転職理由3選


Hikaru

実際に転職しようと思ったときに転職の理由として絶対につかってはいけない理由を紹介します。

絶対につかってはいけない転職理由は以下の3つです。

  1. 労働条件が悪いから辞める
  2. 会社を辞めるために転職する
  3. 辞める理由を会社や人のせいにする

上記の理由で転職すると、転職先でも「この人は同じ理由で辞めるのかもしれない」と思われてしまいます。

それではその理由について詳しく解説していきます。

1. 労働条件が悪いから辞める


転職の理由に「労働条件が悪いから辞める」は使わないようにしましょう。

「労働条件が悪い」を理由にすると、労働条件がいい会社があればまた辞めるのではと思われるからです。

簡単にいうと、似たような職種で給料が高い会社を見つけると会社をすぐ辞める人というレッテルが貼られてしまうのです。

あなたが面接官ならすぐ辞めそうな人をわざわざ採用したいと思わないですよね。

たとえ会社をやめたきっかけが労働条件であったとしても、転職活動中にはいわないように気をつけましょう。

2. 会社を辞めるために転職する


Hikaru

「上司と相性が合わない」「残業が多いし仕事がつまらない」など会社に不満がたまってくると、こんな会社にもういたくない!と転職を決意する人もいますよね。

しかし、上記のように会社を辞めることがゴールになってしまうと、辞めた後に「これからどうすればいいんだっけ」と次の会社選びに困ってしまいます。

次にやりたいことも決まっていない状態なので、転職しようと思っても面接で困るわけです。

「前の会社が嫌で辞めました。とにかくどこかに就職したくて困っています。」といわれても、そんな信念のない人が面接に来ても「何のためにうちの会社に入りたいんだろう」と思われてしまいます。

今の会社を辞めるのがゴールにならないように「自分はどうなりたいのか」目的をはっきりした転職活動にしましょう。

3. 辞める理由を会社や人のせいにする


Hikaru

会社を辞める理由を「会社」「上司・同僚」のせいにするのはやめましょう。

自分がどうしたいかではなく、周りの影響に左右されやすく何かあればすぐ人のせいにする人という印象を与えてしまうからです。

それにその会社を選んだのはあなた自身ですよね。

この問題を解決するにはあなた自身が変わる必要があります。

まずはその会社を選んだ理由を洗い出し、次の転職先では同じミスをしないような対処をしましょう。

採用率アップ!新卒でも転職が成功しやすくなる6つの準備


Hikaru

それではダメな転職理由を見た後で、実際に転職を成功しやすくするにはどんな手段を取ればいいか解説していきます。

新卒でも転職がしやすくなる準備は、以下の6つです。

  1. 色んな仕事を知る
  2. 自己分析をする
  3. 会社で成し遂げたことを書き出す
  4. 今の会社で実績になることをする
  5. 引き継ぎの準備を進める
  6. スキルを身に着け副業で稼げる状態にしておく

新卒でも転職したいなら、「辞めた理由」と「次の会社ではちゃんとやれる根拠」を提示する必要があります。

これだけをきちんと準備できていれば、面接でも堂々とできて面接官があなたを見る目が変わるでしょう。

それでは詳しく解説していきます。

1. 色んな仕事を知る

Hikaru

転職活動をする前に、まずは色んな仕事を知ることが大切です。

仕事の幅を広げておくことで、転職した後に「これはやりたい仕事じゃなかった」と失敗するリスクが減るからです。

例えば、音楽に関係する仕事をしたいと思ったときにでも、以下の仕事が挙げられます。

  • 歌手
  • バンドマン
  • 作詞・作曲家
  • コンサートスタッフ
  • 音楽講師
  • ローディー
  • イベント制作スタッフ
  • レコーディング

あなたは音楽に関する仕事がこんなにあることを知っていましたか。

上記の選択肢を知っていれば、「音楽系の仕事はしたいけど歌手にはなれないから諦める」ということもなくなるでしょう。

しかし、これらを自分で探すのは正直難しいです。

なので転職エージェントに無料で相談して仕事の幅を広げましょう。

どんな仕事があるか知るだけでも、仕事選びで失敗する機会は減りますよ。

2. 自己分析をする

Hikaru

転職活動でもっとも重要なのは自己分析をすることです。

自己分析をせずに転職すると、入社してから「やりたいことじゃなかった」と後悔します。

そんなやり方では時間のコストが掛かりすぎてしまいますし、体力や精神を消耗するだけです。

自己分析をして自分が何をやりたいか事前にわかっていれば、少なくても「やっぱりやりたくなかった」という無駄な失敗は避けられます。

転職するならあなたが本当にやりたいことを見つけてからにしましょう。

3. 会社で成し遂げたことを書き出す

Hikaru

面接でアピールするために、あなたが会社で成し遂げたことを書き出してみましょう。

会社を辞めても何かをなしとげていれば、あなたは信念を持って何事もやり遂げる人だと思われます。

また行動力があることも評価されます。

忘れないうちにあなたの実績をメモをして、どんどんアピールしていきましょう。

4. 今の会社で実績になることをする

Hikaru

「入社して半年だし、まだ何も成し遂げてないよ」と思う人がいるかも知れませんね。

しかし、会社を辞めるまでにはまだ期間はあると思うので、今からでも何か実績にできることをしましょう。

どんな環境でも、あなたが「やれることをやろう」とする姿勢は必ず評価されます。

とはいえ、入社して半年や1年程度では、影響力もないし実績なんて作れないと思うかもしれません。

新卒なのにそんなに大きな成功をする必要はありません。

例として、以下のようなことを試してみましょう。

  • 毎朝1番に出勤して、片付けをする
  • 紙を削減するために電子版の資料を作る
  • ルーティーン業務での時間削減に貢献した
  • 通勤中に読書をはじめて月10冊読むようになった

仕事だけでなく、勉強する姿勢も評価対象になります。

そして成功しなくても、挑戦したこともあなたの立派な実績になります。

何より、挑戦したという事実があなたの自信になるはずです。

自信がついたあなたは、面接官から一目置かれる存在になっているでしょう。

5. 引き継ぎの準備を進める

Hikaru

仕事をスムーズに辞めるためにも、引き継ぎの準備を進めておきましょう。

引き継ぎが不十分だと、辞めたいタイミングで辞めさせてもらえないこともあります。

(※法律的には、労働者の権利としていつでも退職できます。)

また、いまの会社とトラブルがあると転職活動にも影響する場合があります。

もしトラブルを起こさず辞められるか不安なら、転職エージェントを利用することも視野に入れましょう。

転職エージェントを利用すれば、退職時の不安もなくせて、次の転職の準備もサポートしてくれます。

転職エージェントはすべて無料でサービスを利用できるので、まずは相談をしてみましょう。

6.スキルを身に着け副業で稼げる状態にしておく

Hikaru

スキルを身に着け副業で稼ぐという事が出来ると、自身の市場価値は一気に爆上がりします!

具体的にはこんなメリットもあるので、スキルを身に着けておくのは非常におすすめです。

  • 自分のスキルが生かせる会社・部署にいける可能性が高まる
  • ビジネスセンスが付くので転職の面談に強くなる
  • 金銭面に恵まれるので、余裕をもって転職活動に臨める

自分が身に着けたスキル

自分が市場価値を高めるために身に着けたスキルは「Webデザイン」と「Webライティング」です。

この2つについては、超具体的にどう学習を進めるべきか、体系的にまとめておいたのでこちら参考にどうぞ。

【闇も公開】副業Webデザインで20万円稼ぐ完全ロードマップ 【実証済み】副業Webライティングで20万円稼ぐ完全ロードマップ

新卒で会社を辞めるのが不安なら、転職エージェントに相談しよう!


Hikaru

準備や何やらしたとしても、新卒で会社を辞めるのは不安ですよね。

転職エージェントに相談すれば、キャリア相談やあなたにあった転職先を探してくれます。

そしてこの章では以下の内容を詳しく解説します。

  • 転職エージェントを利用すべき理由
  • 注意すべき転職エージェントの例
  • 第二新卒におすすめの転職エージェント

それではいきましょう。

転職エージェントを利用すべき10個の理由


Hikaru

転職エージェントを利用すべき理由は以下のとおりです。
  1. 完全に無料で利用できる
  2. 非公開の求人が集まっている
  3. あなたにあった転職先を探せる
  4. 企業とのやり取りをしなくてよい
  5. 転職のプロにキャリア相談ができる
  6. あなたを企業にアピールしてくれる
  7. 応募書類の添削を受けられる
  8. 面接の通過確率が高くなる
  9. 内定後のサポートが厚い
  10. 円満退社もしやすい

上記で挙げたように、転職エージェントを利用するだけで就職活動の難易度が全然違います。

デメリットをあげるなら、サポート期間が決まっているのと転職エージェントによって求人の強みが異なることです。

なのでどんどん応募してあなたが気に入る企業へ面接することが、キャリアアドバイザーからも求められます。

しかし、登録した転職エージェントであなたが求める求人がなければ、無理に応募する必要はありません。

またサポート期間が迫っても、他の転職エージェントにも登録すれば大丈夫です。

すべて無料でサポートしてくれますので、安心して利用してください。

注意すべき転職エージェントの例


Hikaru

転職エージェントは基本的にはあなたをサポートしてくれますが、中には自分のノルマをあげるために無理やり転職を進めてくるアドバイザーもいます。

注意すべきアドバイザーの特徴は以下のとおりです。

  1. 話し方が高圧的
  2. 話をゆっくり聞いてくれない
  3. 行きたくない会社を勧めてくる
  4. こちらの都合を考えず連絡してくる

あなたのことを考えているなら、上記の行動は取りません。

このような態度のアドバイザーがいたら、すぐに変えてもらうか、その転職エージェントの利用を停止しましょう。

逆にこうならないためにも、転職エージェントは最初から複数申し込むのがおすすめです。

複数申し込めば、あなたの境遇に共感してくれるアドバイザーに出会える確率があがります。

またひとつずつ受けて辞めていては時間がかかるため、やはり同時進行でやるのが一番いいでしょう。

第二新卒におすすめの転職エージェント5選


Hikaru

第二新卒に特化したおすすめの転職エージェントは以下の5つです。
  1. マイナビジョブ20’s
  2. UZUZ(ウズウズ)
  3. 第二新卒エージェントneo
  4. ハタラクティブ
  5. 就職Shop

第二新卒に特化した転職エージェントは、「20代」や「経歴・実績がない短期離職者」でもOKな求人を取り扱っています。

つまり「これから伸びる人材を育成してくれる企業」を紹介してくれるということです。

これからキャリアアップしたい新卒の転職者にピッタリの求人を探してくれますよ。

それではおすすめの転職エージェントを紹介していきます。

1. マイナビジョブ20’s


「マイナビジョブ20’s」は年間約52,000人の20代が登録しており、登録者の85%以上が社会人経験3年目以内という、第二新卒にピッタリの転職エージェントです。

20代が利用しやすいサービスの特徴は以下が挙げられます。

  • 無料セミナーを実施している
  • 転職のプロが書類添削してくれる
  • 企業とのやり取りを代行してくれる
  • Web適性診断で客観的に自分を分析できる
  • キャリアアドバイザーのサポートが充実している

社会経験も少なく、転職活動に不安な第二新卒が安心して転職活動ができるサービスが整っています。

非公開求人も豊富なため、新しい仕事に興味がある方はぜひ相談してみましょう。

\\無料相談出来ます!!//

2. UZUZ(ウズウズ)


「UZUZ」は既卒、第二新卒、フリーターに特化した転職エージェントです。

初回から2時間に及ぶキャリアカウンセリングを実施し、求職者1人にかけるサポート時間が平均20時間という手厚いサポートが特徴です。

UZUZなら以下の人でもサポートの対象になります。

  • 前職を3ヶ月で退職した
  • 資格もスキルもない
  • 民間の就活をしたことがない

UZUZで紹介する企業の基準が厳しく、ブラック企業を徹底的に排除し、大手上場企業からベンチャー企業まで紹介してくれます。

求人を紹介してもらう前に、UZUZがその企業に訪問して労働環境や教育体制をチェックしてくれるので転職活動に専念できます。

\\無料相談出来ます!!//

3. 第二新卒エージェントneo


「第二新卒エージェントneo」は18歳〜28歳までの就職支援22,500人の実績を持つ転職エージェントです。

さらに未経験OKの求人を5,000件以上持っています。

職務経験なしの就職・転職の支援実績も10,000人を突破しており、どんな人でも安心です。

紹介してくれる求人は「第二転職エージェントneo」が実際に訪問してチェックした企業のみなので、現場の雰囲気や環境についても詳しく教えてくれます。

\\無料相談出来ます!!//

4. ハタラクティブ


「ハタラクティブ」は2014年〜2016年、厚生労働省の「若手キャリア応援制度」受託事業の認定されていた転職エージェントです。

アドバイザーが直接カウンセリングしてくれて、あなたにぴったりな求人を紹介してくれます。

また「ハタラクティブ」の求人をよせる企業は、以下の特徴の人を求めています。

  • 20代の若手を採用して長期的に育てたい
  • 幅広い人材を採用したい

経歴よりも人柄を重視する企業が多く集まります。

また求人を載せる企業に直接取材をして、実際に働く職場の雰囲気も参考にしてあなたにあった求人を紹介してくれます。

\\無料相談出来ます!!//

5. 就職Shop

「就職Shop」はリクルートが運営している転職エージェントです。

転職を前向きに考えている20代の方で、時間をかけずに転職したい場合にはぜひ相談しましょう。

利用者の9割は20代で、未経験者が対象の求人も多いです。

「就職Shop」は累計10,000社ある求人の中からあなたが選ぶ条件にあった企業を紹介してくれます。

  • 給料
  • 福利厚生
  • 安定企業
  • 急上昇企業
  • 自宅が近い
  • 転職がない

また求人は全て直接訪問して取材した企業のみで、さらに書類選考なしで面接を受けられるように手配してくれます。

\\無料相談出来ます!!//

おまけ|転職エージェントに一歩踏み出せない方へ

新卒の人

悩める新卒の方

それでも転職エージェントに相談するのハードルあるなぁ
という方の背中を押させて頂きます!

上のリンクから2つ、転職エージェントの無料相談を申し込んで頂いた方は、私のTwitter(@hikarupets)までDMして下さい!

無料相談に申し込んだことが分かるスクリーンショットだけ送ってください!

先着100名までAmazonギフトを1000円分プレゼントさせて頂きます!

いい機会だと思うので、是非一歩前へ踏み出してみて下さい!

まとめ|新卒でも合わない会社は辞めてOK不安なら転職エージェントに相談しよう

新卒の人
この記事では、新卒でも転職活動を成功させるためのポイントを紹介しました。

新卒で転職活動をするなら準備が大切です。

  1. 色んな仕事を知る
  2. 自己分析をする
  3. 会社で成し遂げたことを書き出す
  4. 今の会社で実績になることをする
  5. 引き継ぎの準備を進める

不安なことがあるなら、無料で相談できる転職エージェントを利用しましょう。

新卒社員向けの転職エージェントを利用すれば、あなたにピッタリの就職先を見つけてくれますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。