新卒でふるさと納税は可能?おすすめの納税方法や注意点を伝授!

新卒社会人

  • ふるさと納税って一体何?
  • ふるさと納税の控除は新卒でも受けられるって本当…?
  • お金がないおすすめのふるさと納税方法は?
  • ふるさと納税する際の注意点も知りたい!

新卒で少しでも節税したいと考えている人、ふるさと納税に挑戦してみませんか?

年収が低い新卒でもふるさと納税することで節税できますよ!

この記事を読むと以下が身につきます

 

  • ふるさと納税の知識が付く
  • 新卒がふるさと納税できるかどうか
  • 新卒におすすめのふるさと納税とそれぞれのメリット・デメリット
  • 新卒がふるさと納税する際の注意点
  • 新卒が資産を築くために大切な考え方

新卒でふるさと納税は可能か?

新卒の人

ふるさと納税と聞くと、節税なんてまだ新卒の自分には関係ないと言う方もいますが、新卒でもふるさと納税は可能です!

年収が低いうちは高い人よりも節税効果は低いかもしれませんが、やる価値は大いにあります!

ふるさと納税の概要と新卒でも可能な理由を紹介します。

ふるさと納税とは?

Hikaru

ふるさと納税とは自分の選んだ全国の市町村に寄付ができる制度です。寄付をした金額に応じて税金から控除され、さらに各市町村から返礼品がもらえます。

控除の上限はその年の年収と他控除の有無によって決まります。上限の範囲内であれば、寄付金合計額のうち2,000円は自己負担で、残りが控除によって返ってくる仕組みです。

控除上限を守れば、2,000円を払って豪華な返礼品がもらえるイメージになります!

新卒でもふるさと納税による税金の控除は受けられます!

Hikaru

ふるさと納税をすると寄付した年の税金から控除となるので、1年間の税金が確定した上で翌年に還付されます。

そのため、前年に収入のない新卒の方も ふるさと納税の制度は利用可能です。

お金がない新卒社員におすすめのふるさと納税方法

新卒の人

ふるさと納税は断然楽天市場の利用がおすすめです!楽天ふるさと納税のメリットは2つです。

  1. メリット①:楽天ポイントが付与されるので、普通に納税するより超お得!
  2. メリット②:楽天市場のお買い物感覚で簡単に納税出来る

それぞれ解説していきます。

メリット①

Hikaru

楽天市場では商品を購入すると楽天ポイントが付与されますが、ふるさと納税にも同様にポイントが付きます。

楽天の他サービス加入やキャンペーンをうまく利用するとポイント倍率が上がるため、生活に必要なサービスを楽天経済圏でまとめ、ザクザクポイントを貯めましょう。

控除上限額にもよりますが、大抵の場合は獲得できる楽天ポイントで自己負担の2,000円はすぐにまかなえてしまいますよ!

楽天経済圏に入るために

1つ注意点として、楽天経済圏の各種サービスはWeb上で完結するため、利用時にクレジットカードの登録が必要です。

社会人になってまだクレジットカードを持っていない場合は、早めに作りましょう!新卒の方におすすめなクレジットカードをまとめたので、こちらをどうぞ。

新卒社員が持つべきクレジットカードを3つ厳選!失敗しない使い方も紹介

メリット②

Hikaru

税金回りのことだと、面倒な手続きがあるのではと心配になりますよね。

楽天市場を利用してふるさと納税をする際は、通常の買い物と同じで検索して購入するだけ!

購入時はふるさと納税用の面倒な手続きは一切ありません!

楽天を使うデメリット

Hikaru

デメリットはありません!強いて言うなら、楽天経済圏に入っていない場合、アカウントを作る手続きが必要なことでしょう。

しかし、これを機にぜひ楽天経済圏に入ってください!自分は年間で5万ポイント程度をもらい、美味しい思いをさせてもらっています。

新卒社会人のふるさと納税で注意すべきこと2選!

ふるさと納税で注意すべき2つのこともご紹介します!

  1. ①控除上限額を超えて寄付すると、自己負担分が増える
  2. ②ふるさと納税の税控除は自分で手続きしなければならない

控除上限額は必ず確認

Hikaru

ふるさと納税は無限に出来る訳ではなく、年収や他控除の有無によって変わります。控除上限金額を超えた分は単純な寄付となり、還付されません。

控除上限を知るには、シミュレーションを使いましょう!楽天でも無料でシミュレーションができます。

https://event.rakuten.co.jp/furusato/mypage/deductions/?/deductions/&

税控除の手続きは自分で

Hikaru

ふるさと納税をすると通常は確定申告が必要ですが、同じ年に合計5自治体以内の寄付であれば、ワンストップ特例制度というものが使えます!

楽天市場では購入の際にワンストップ特例制度の書類要否項目があるので、チェックを入れて申しむだけ!

返礼品と一緒にワンストップ特例制度記入シート送られてきます。そこに必要情報を記載して年内に郵送すれば手続きが完了し、確定申告は不要になります。

新卒でお金を手にしたい人へ【ふるさと納税を舐めない】

新卒の人

自分は20代で資産1000万円に到達しましたが、大事にしていたことは2つです。

  1. 節約に努める
  2. 自分で稼ぐ力を身に着ける

節制に努める

Hikaru

学生から社会人になると、お金にも余裕ができ、ついつい浪費してしまいがちです。ですが、新卒の時から節制に努めることで早く貯金ができ、本当にお金を使いたいことやスキル取得のための投資に回すことができます。

節制の方法はいくつもあります。

  1. 楽天経済圏の活用
  2. 自炊
  3. 交友関係を切る

ふるさと納税も節制のうちの1つです。

国が制度として設けている「ふるさと納税くらい」が出来ないようであれば、節約の習慣は身につきませんよ。

自分で稼ぐ力を身に着ける

Hikaru

これまで自分自身でスキルを身に着けて稼ぐことを大事にしてきました。ただ、これが出来たのも節約思考があったから!

節制して生み出したお金を勉強に費やして、スキルを身に付けることで、収入アップや個人で稼ぐ力を手に入れています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。