【新卒の疑問】新卒はアルバイトOK?4つのメリットや注意点を解説

新卒社会人

  • 新卒ってアルバイトしていい?
  • 新卒がアルバイトするメリットはある?
  • 新卒がアルバイトしたら会社にバレる?
  • なんとなくアルバイトしたいだけじゃダメ?

新卒でアルバイトしたいけど、そもそも正社員がアルバイトをしていいかなど、不安になりますよね。

結論として、アルバイト可否の判断は会社によりますが、可能であれば積極的にアルバイトに挑戦してみることをおすすめします。

アルバイトの経験は本業や、転職など様々な場面で活かすことができます。

そこで、本記事では20代で1,000万円の資産を形成することが出来た私が、新卒の方のアルバイトに関するお悩みをすべて解決できるよう記事を作成しました。おすすめのアルバイトも掲載しているので、参考にしてみてください。

この記事を読むと以下が身につきます

  • 新卒がアルバイトできるか分かる
  • 新卒がアルバイトする際の注意点を知れる
  • 新卒がアルバイトする4つのメリットが分かる
  • 正社員のアルバイトが会社にバレる原因が分かる

新卒はアルバイトOK?就業規則や労働契約書を要チェック!

新卒の人

ずばり、新卒がアルバイトしていいかは職場によって異なります!

法律上では新卒がアルバイトすることに問題はありません。

むしろ国は正社員がアルバイトすることを推奨しています。

しかし、アルバイト禁止の企業で新卒がアルバイトすると何かしらのペナルティを受けることに。

新卒でアルバイトしたいなら、必ず就業規則や労働契約書を確認しましょう!

実は国が推奨!法律上は正社員のアルバイトはOK

Hikaru

よく「正社員はアルバイトNG」という声を聞きますが、正社員がアルバイトしてはいけないという法律は存在しません。

実は、厚生労働省は「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を出しています。

このガイドラインには、以下のようなことが書かれています。

  • アルバイトしたい人は年々増加している
  • 正社員がアルバイトすることにはさまざまなメリットがある
  • 人生100年時代を迎え、若いうちから自らの希望する働き方を選べる環境を作っていくことが必要
  • 労働者が労働時間以外の時間をどのように利用するかは基本的には労働者の自由

国は正社員がアルバイトするメリットを感じており、企業もアルバイトできる環境を整えることが大切だと考えています。

職場によってはアルバイト禁止も!ペナルティもあるので注意

Hikaru

新卒のアルバイトが法律上問題がない・国がアルバイトを推奨しているとはいっても、働く企業によってはアルバイトが禁止されていることがあります。

新卒が働く企業の「就業規則」や「労働契約書」でアルバイトが禁止されている場合、アルバイトしていることがバレてしまうと以下のようなペナルティを受ける可能性があります。

  • 注意される
  • 出勤停止処分になる
  • 減給される
  • 降格処分になる
  • 解雇される

新卒社会人

収入を増やしたくてアルバイトしたのに「アルバイト禁止を知らなかった」でペナルティを受けたら勿体ないね…!

新卒でアルバイトを考えているの人は、まずは就職先の就業規則や労働契約書をしっかりと確認しましょう。

アルバイト先の就業規則や労働契約書も確認しておこう

Hikaru

新卒がアルバイトする場合は、正社員として働く職場だけでなく、アルバイト先の「就業規則」や「労働契約書」も確認してください。

正社員として働く職場がアルバイトを認めていても、アルバイト先がアルバイトを認めていない場合は、新卒がアルバイトすることはできないので注意が必要です。

新卒のアルバイトって実際どう?4つのメリットを知ろう

新卒がアルバイトすることには4つのメリットがあります。

  1. 所得が増える
  2. スキルや経験が得られる
  3. 自分がやりたいことに挑戦できる
  4. リスクを抑えて将来への準備ができる

ここでは新卒がアルバイトする4つのメリットについて、それぞれ詳しく見ていきましょう。

所得が増える

Hikaru

新卒がアルバイトをすると『正社員の給料』に加えて『アルバイトの給料』がもらえるようになるので、単純に所得が増えるメリットがあります。

新卒は事故や病気など万が一のトラブルに備えて、また将来やりたいことや転職のためにも、貯金は100万円貯めるべきです。

アルバイトすると所得が増えるので、毎月の貯金がスムーズに貯まりますね。

新卒の貯金については以下の記事をご覧ください!

新卒の貯金額は平均いくら?100万円貯金を目指す3ステップを紹介 新卒の貯金額は平均いくら?100万円貯金を目指す3ステップを紹介

スキルや経験が得られる

Hikaru

新卒がアルバイトすると、アルバイト先で本業とは別のスキル・経験を得られます!

アルバイト先で本業とは別のスキル・経験を得ることで、労働者が自主的に将来に向けたキャリア形成ができます。

自分がやりたいことに挑戦できる

Hikaru

正社員として企業に勤めて働いているものの、本当にしたいことが別にある…そんな人って結構多いのではないでしょうか?

その場合、アルバイト先の仕事が「自分がやりたいこと」に挑戦できる環境であれば、正社員として働きながらアルバイト先で自分が本当にやりたいことに挑戦できますね。

リスクを抑えて将来への準備ができる

Hikaru

現在は正社員として働いているが、将来は起業したい・転職したいと考える人にもアルバイトはおすすめです。

正社員として働いていると、給料や保険面などである程度保障されます。

その状態でアルバイトすることで、リスクを抑えながら将来(企業や転職)の準備ができるようになりますね。

新卒のアルバイトの選び方3選!おすすめはIT・Web系分野

新卒がアルバイトする場合、以下の3点を意識して仕事を選ぶといいですよ。

  1. 今後、需要が高まる仕事かどうか
  2. 世の中が求めるスキルを身に付けられるか
  3. 時間を有効的に使えるか

今後需要が高まる仕事や、世の中が求めるスキルが身に付く仕事をアルバイトにできれば、将来的に収入アップが期待できます。

さらに身に付けたスキルを使うと転職の幅も広がりますし、独立も夢ではありません。

上記の条件を満たした仕事で新卒におすすめなのが「IT・Web系」のアルバイトです!

IT・Web系は需要が高い!転職の幅も広がる

Hikaru

新卒におすすめなのが「IT・Web系」のアルバイトです。Web業界の売上は年々増加していて、今後も需要が高まると予想されています。

IT・Web系分野の仕事は需要が高いので、IT・Web系のスキルが身につけば転職したいと思ったときに非常に役に立ちます。

またIT・Web系の仕事は在宅でできるものが多く、本業が終わった後や休日の時間を有効的に使えます。

IT・Web系の仕事にはいくつか種類がありますが以下の3つがおすすめです。

  • Webライティング
  • Webデザイン
  • Webマーケティング

Webライティングで稼ぐノウハウは以下の記事を参考にしてください。

【実証済み】副業Webライティングで20万円稼ぐ完全ロードマップ

Webデザインで稼ぐノウハウは以下の記事でまとめています。

【闇も公開】副業Webデザインで20万円稼ぐ完全ロードマップ

Webマーケティングの勉強方法については以下の記事が参考になります。

【教材無料GET方法も】総額100万円かけたWebマーケティングの勉強方法

アルバイト禁止の新卒必見!アルバイトが会社にバレる3つの原因

新卒の人

アルバイトしていることが会社にバレる原因には以下の3つがあります。

  • 住民税の支払い
  • 社会保険への加入
  • 雇用保険への加入

それぞれの原因について詳しく見ていきましょう。

住民税の支払い

Hikaru

住民税の金額は、前年度の所得で決まります。

つまり『本業+アルバイトの総所得』に対する住民税が、正社員として働いている企業に通知され、給料から天引きされます。

  • 住民税の金額がこれまでより高くなった
  • 周りの社員より住民税が明らかに高い

この場合、会社側は「アルバイトしているのでは?」と疑います。

社会保険への加入

Hikaru

アルバイトであっても一定の条件を満たすと「社会保険」に加入することになります。

アルバイト先で社会保険に入ると正社員として働く企業に通知されるため、アルバイトしていることがバレてしまうでしょう。

そのため、社会保険への加入義務がないアルバイト先や条件をしっかり把握しておくことが大切です。

雇用保険への加入

Hikaru

週に20時間以上働くと「雇用保険」に入らなければなりません。

社会保険は正社員として働く企業・アルバイト先でそれぞれ入れますが、雇用保険は1箇所でしか入れません。

アルバイト先でも雇用保険に入ろうとすると、正社員として働く企業に「雇用保険の喪失手続き」に関する連絡が入ります。

この連絡によりアルバイトしていることがバレる可能性があります。

新卒のアルバイトは転職する際にもとても重要!

新卒の人

新卒のアルバイトは単なるお金稼ぎだけが目的ではありません。

アルバイトでスキルや経験を身に付けることができれば『今の仕事を辞めたい』『もっと稼げる仕事がしたい』と思い転職活動する際にも役立ちます。

新卒でアルバイトしたいのであれば転職のことも視野に入れて、スキルアップできる仕事や今後の需要が見込める仕事を選びましょう!

転職やおすすめの転職エージェントについては、以下の記事を参考にしてくださいね。

【新卒1年目で転職ってどうなの?】第二新卒でも失敗しない転職活動の準備

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。