【無料で一部公開中】20代で半脱サラ達成したノウハウ「成長株の教科書」はコチラ

【無料で一部公開中!】成長株の教科書を執筆しました【6年の集大成】

お悩み抱え中

「株始めたいけど、何から始めればいいのか分からない!」
「株やってるけどなかなか成績が伸び悩んでいる」

そんな方へ、
私の6年間の株の知識を詰め込んだ
「成長株の教科書」を書きました!

これを読むだけで、
株式投資6年目の私と同じ株式投資家レベルに成長可能です。

無料で一部公開しているので、
是非最後までご覧ください!

自己紹介

自分はごく普通の既定路線に乗ってきた人間です。
「大学院卒⇒メーカー就職」って感じです。

そんな自分ですが、
20代である程度「お金&時間」の自由を手に入れました。

経緯は以下のような感じです。

  • 学生時代に株に興味持ち、勉強を開始する
  • 社会人になってから節約節制に努める
  • 成長株に超絶コミット
  • 10年間分の生活費を手に入れる
  • 給与に興味が無くなったので、会社に強気の給与交渉をする
  • 会社から(業務量半分/午後出勤/給与維持)の待遇を貰う
  • 空き時間に趣味の動画編集でお仕事獲得

因みにですが、
会社から好待遇を貰った時の歓喜のツイートがコチラです!

正直、現在は人生にとっても余裕のある、
悠々自適な生活を送っています(^^)/

株式投資歴

株式投資歴は6年目で、
いわゆる小型の成長株にのみフォーカスして6年間過ごしてきました。

ここ3年の戦績は、以下のような感じです。

  • 5倍株:1回
  • 3倍株:2回
  • 2倍株:5回

逆にそれまで3年間は勝てませんでした(笑)
正直、何度も心折れましたね!

このあたりは後述します。

成長株の教科書とは?


それでは早速ですが「成長株の教科書」について、
解説させて頂きます。

一言で言うと、
「成長株を軸に相場を自力で歩く力を身に着けられる」
って感じです。

6年間成長株をやり続けてきました。
成長株についての知識はかなりのものだと自負しています!

今回執筆した「成長株の教科書」は
6年間の集大成です。

「そんな私の6年間の集大成を見てみたい!」
「そして自分で相場を歩く力を身に着けたい!」

という方は是非、読み進めてみて下さい。
後悔はないとお約束します。

成長株を勉強した方々からの声

私が主催した、株サロン生に、
「成長株の教科書」に関するお声を頂きました!

投資仲間の皆様には大感謝大感謝です( ;∀;)

以下の方はゴメンナサイ

しかし、いきなりですが、
以下の方はこれ以上読み進めても意味ないかもなので、
先にお断りさせて頂きます。

  • 投資はのんびり放置してやるものだと思っている方
  • 投資手法に必勝法があると思い込んでいる方
  • コツコツ勉強してから投資をやる気が無い方

あくまで成長株の「教科書」です。
教科書って、ただ読んだだけではテストで良い点取れないですよね。

それと全く一緒で、
本書を参考にご自分で学習を進めなければならないです。

成長株で成果を残すには?


それでは、成長株の話に入っていきます。

成長株で成果を残せるようになるための結論は、
結構シンプルです。
個別銘柄分析に鬼コミットする事です。

しかし、
これを出来ない人が多いのが現実です。

自分も過去はそのうちの1人でした。

過去の自分

「日経平均見極めれば勝てるんじゃね?」
「ファンダ×テクニカルやれば余裕でしょ!」
「株やってれば必勝法みたいの見つかるでしょ!」
「5年以内には10倍くらいの資産にする予定ですわ!」

これは完全に甘い考えでした。

しかも自分の場合は、
FXやってみたり、仮想通貨やってみたり、
手当たり次第に色んな事をやっていました。

これに関しては、
まじで昔の自分に説教してやりたいです笑

こんな甘い考えでやっていた3年間は、
全くもって成績が上がりませんでした。

しかも著書を読むと勝てる気になる


しかもですね、
この辺りの著書を読むと、
めっちゃ勝てる気になるんですよね。

こういうのを参考にして投資してみたところ、

「ん?実際やってみても勝てなくね、、、?」

結局こういった本に書かれているのは、
過去の相場の話なんです。

自分で相場を歩く力を手に入れなければ、
今の相場に適切に立ち振る舞う事は出来ないんです。

考え方を変えてブレイクスルーした

そこで!
自分は思い切って「個別銘柄の深掘り」に鬼コミットしました。

会社の開示資料はもちろんの事、
いわゆる「企業分析」や「簿記」も勉強しました。

これをやる事によって、
「数値的根拠」に基づく投資が出来るようになり、
世界が一変しました。

そんなノウハウが詰まった『成長株の教科書』

自分の投資人生を振り返ると、
上記の通り、それなりに遠回りしていたなぁと思います。

皆さんがそんな遠回りをしないために、
「成長株の教科書」を執筆しました。

コンテンツ紹介

コンテンツは以下のようになっています。

  • 第1回:私の成長株との向き合い方
  • 第2回:先人の学びと処世術
  • 第3回:企業成長と株価
  • 第4回:成長株投資に必要な情報の集め方
  • 第5回:実戦
  • 大量のおまけ!
※おまけの内容は後述します。
※文字数は全部で約2万5000字の大ボリュームです。
※図は64枚です。
※PDFの枚数83枚です。

コンテンツの詳細

第1回:私の成長株との向き合い方

  • なぜ日本株?
  • 具体的な投資手法
  • タダ株GETへの最短経路
  • テクニカル的な視点は捨てる
  • ファンダ分析は王道だが通用しない

第2回:先人の学びと処世術

  • 伝説の4名の投資家
  • 過去のエントリー銘柄
  • これだけは守って欲しい!
  • これらの売買をする中で気を付けていた事
  • 敵が無限に現れる

第3回:企業成長と株価

  • 成長株の本質
  • 成長株への戦略

第4回:成長株投資に必要な情報の集め方

  • 銘柄と出会う
  • 銘柄の概形を分析する
  • 銘柄を深堀りする
  • 監視銘柄に入れる

第5回:実戦

  • ○○を重視した投資例
  • □□を重視した投資例
  • NGの投資例
  • 最後に

そして実はこれ、
私が主催した「株サロン」の内容をギュッと濃縮したものです。

株サロンについて

株サロンについての概要は以下の通りです。

  • 本ブログ読者の9名を対象に全11回のライブ講義
  • コミュニティでの質問受付
  • 会費は7,000円

株サロンの内容が気になる方は、
こちらをご覧ください!

【株サロン】運用/参加条件/参加費/特典について【2020.7.31募集締め切り】

株サロンの反響

株サロン生からは、
こんな嬉しい言葉をたくさんかけて頂きました!

因みに、@bellnecochanは私のTwitterアカウントです。

嬉しいお声の数々

ほんの一部ですが、こんな感じです!

株サロンでは、飲み会をしちゃったり、
皆大切な投資仲間です(^^)/

あと、サロン生の1名が株サロンについて、
記事を作成してくれました!

記事の抜粋がこんな感じです。


≫記事全文読んでみたい方はコチラ

おまけについて

おまけについて解説させて頂きます。
※以下はあくまで「おまけ」なので、予告なく終了する場合がございます。

slackコミュニティ

slackのコミュニティへご招待します!

株をしっかりと勉強したい!
という方達のみのクローズドコミュニティとなります。

因みに、株サロンの受講生もコミュニティには参加してくれているので、
有益なアドバイスが頂けるかも?です。

質問対応

質問があれば、
slackコミュニティで対応させて頂きます。

但し、「成長株の教科書」及び「本ブログ」に関する事に、
限定させて頂きます。

初心者様の環境構築サポート

これから株を始める方へのサポートをさせて頂きます。

・どうやって株を買うのか?
・証券会社どうするのか?
色々不安があると思います。

このあたりの事で不安があれば、
対応させて頂きます。

銘柄分析の添削ライブ講義

銘柄分析をslackコミュニティにて提出して下さい。

ライブ講義で添削します。
現在は、月1回開催を考えています。
要望が無ければ中止します。

なお、株価の予想は一切しませんので、
そこはご承知おきください。

あくまで分析手法についてのコメントになります。

noteの無料配布

「#成長株の教科書」で感想をツイートして頂いた方には、
過去に私が配布した5,000円相当のnoteをプレゼント致します。

価格について

価格は買い切り、3980円です。
但し、こちらは初回10部に限りの価格設定とさせて頂きます。

正直、株サロンが7,000円だった事を考えると、
破格だと思っています。

すみません、初回の10部は完売してしまったので値上げさせて頂きます。
現在の販売価格は4600円です。
次は30部で値上げとなると予定です。

返金します!

「成長株の教科書」の内容に関して不満がある場合は、
返金対応をさせて頂きます。

面倒な手続きは不要です。
slackで一言おかけください。

参加はこちらから

お待たせしました!
決算ページへ以下のボタンよりお進みください!

購入をお悩みの方へ

最後になりますが、
第1回と第2回の教科書を途中まで公開させて頂きます!

実際には5つのPDFファイルがある感じです。

これを読んで、続きが気になった方は、
是非購入してみて下さい(^^)/

第1回の内容はコチラ


ここでは、私の成長株との付き合い方を紹介します。
私が5年間株と向き合って来た集大成を詰め込みました。

株というのは「買って売るだけ」選択権はそれしかないですが、
その裏にはたくさんのストーリーが内在します。

「今買って良いのか?」
「今売るべきなのか?」

誰にも答えは分かりませんが、
己を信じ、決断をしていかなければなりません。

そのためには投資手法を定めるのみならず、
なぜ自分は「日本株」という投資商品をやっているのか?
ここまで腹落ちしなければなりません。

そうしなければ、下手なエントリーをするだけでなく、
他の投資商品に目移りすることもあるでしょう。
このように浮ついた心で、目先の利益に囚われた投資をしても良い結果をもたらしません。

自分は「日本株の成長株をやるぞ!」と、誰にどんな文句を言われようとも鉄の意思をもって取り組む必要があります。
投資というのは、それぐらい己のマインドとの戦いです。

例えば、よくある話で「日本株と米国株を半々の比率でリスクヘッジすべき」という話がありますね。

自分はこれに対してこういう心構えです。
「米国株という未知のものにお金を入れる方が危険、何のリスクヘッジになっていない」

鉄の心を持って「日本株の成長株に魂を売る」というのはこういう事です。
とにかく、「日本株の成長株」で一点突破して資産を形成しましょう。

この第一回の講義では、
これについて詳しく解説をします。


それでは早速、
私の株との向き合い方について紹介させて頂きます。

私は株という投資商品に対して、結論的には、
「資産形成する上で最高の投資商品」だと確信しています。

投資商品というと様々ありますね。

  • 日本株
  • 信託
  • ETF・ETN
  • 社債
  • 米株
  • 為替
  • 不動産
  • REIT
  • 仮想通貨

などなど、様々です。
それぞれに長所と短所があります。

今回はその1つ1つ全てに触れる事はしませんが、
日本株の成長株投資はこれらの数ある投資商品の中で1番効率よく資産形成出来ると思っています。

逆に言うと、株は資産運用として見るのはナンセンスです。

確かに配当優待といったインカムゲインを入手することは可能ですが、価格変動幅が大きいので完全に放置する投資をする事が出来ません。

資産運用のそもそもの目的は「お金を減らさないように増やす、そのかわり多くのリターン期待出来ません」というものです。

繰り返しになりますが、
価格変動幅がそれなりにある株で資産運用をするというはナンセンスである。
という事です。

それであれば、何も考えずに配当を享受出来る「社債や債券」を購入した方がいいよね?という話です。

このように、投資商品には特徴があり、それを自分の目的と合わせるところから始める必要があります。

ここではとにかく「日本の成長株に特化」していきます。
端的に言うと、リスクをしっかり引き受けてお金を増やしましょうという事です。

ここで、投資の神様バフェットの事を考えてみましょう。
バフェットは年間20%の利益を出してきた事で投資の神と崇められています。

ここで冷静に考えなければならないのは投資の神様でさえ、年利20%が限界だという事です。

よくTwitter界隈をみていると、「年次30%で30代リタイアを目指してます!」なんて方を見かけます。

ギャグで言っているのか知りませんが、投資の神様への勝利宣言は無知を晒しているようなものです。

ただ、そうは言っても年利20%では資産形成とは呼べません。
投資元本が100万円だとするとたかだか利幅は20万円です。
20万円溜まったところで、何も人生変わりません。

では、どうやってバフェットの成績を越していくのか?
それは「リスクを最大限に取る」これに尽きます、これしかありません。

具体的には少数銘柄に超集中投資をします。
自分も初めはそうしました、今もそうです。

「コツコツ積み見立てましょう!」
そんな事が堅実性の象徴であるかのように声高に主張される世の中ですが、お爺さんになった頃に小銭を手に入れて何になるのでしょうか。

「リスク」というものについて深く考えてみます。

リスクとは、危険性という意味にとらえられがちですが実はそうではありません。
リスクがあるだけチャンスも内在している事を忘れてはいけません。

損失を大きく被る可能性があるなら、
利益を大きく享受する可能性もあるのです。

ここは忘れてはなりません、バフェットへの唯一の勝ち筋です。

因みに、リスクだけを取る危険な投資をしましょう!
人生を投資にかけましょう!

という話ではありませんので安心して下さい。

相場に入れたお金に関しては全力でリスクをとりにいきましょうという話です。
少額でのリスクヘッジを考えるのは全くもって意味が無い行為です。

負けない銘柄を選定すべし!
退場しないことが大切!

本気で言っていますか?
絶対に勝てる銘柄を選定すべきです。

ここまで読み進めて頂いた方は、少しずつ日本株と向き合う準備が整って来たのではないでしょうか?

あとはどんどんこの考え方を自己強化して下さい。
例えば私は人生で一度も出金という事をしたことがありません。

お金がただのゲームスコアのようになっています。

そう割り切って考えないと、思考にぶれが生じる事があるからです。
思考のブレというのは本当に怖いです。

誤った投資判断に繋がるからです。

「株をやっている自分は正しい!」
「リスクをとっている自分は正しい!」
「いくら損をしようと銘柄を信じている自分は正しい!」

この境地まで自分のマインドを高め切る事が、まず投資の第一歩目です。
稼ぎ方や小手先のテクニックを身に着ける前に、ここから出発しましょう。

第2回の内容はコチラ


それでは第2回です。
株で買った猛者たちはどのような投資をしていたのか?

そして、
5年前まで投資ド素人だった私がどのような銘柄を渡り歩いて今日に至るのか?

そのマインド面を全てご紹介します。

中略

それでは最後に、「相場の歩き方」として私の経験を共有させて頂きます。
端的に言うと、今の相場は初心者の方には厳しい状況になっていると思います。

  • 株をやった人が皆ハッピーになっているように見える
  • 正解や答えがあるかのような情報がゴロゴロ転がっている

って感じだからです。

主悪の根源はSNSです。
YouTube、Twitter、ブログ等々で個人投資家が何を見て判断して投資を実行しているのか、明確に見える時代になりました。

浅はかな知識をさぞ正解であるかのように発表している様子を超頻繁に見かけるようになりました。

私もそのうちの1人になっているかもしれませんが、
正直、私の目から見て看過できないものはたくさんあります。

不勉強にもほどがあるだろうと思うものがYouTubeで何万回と再生されていたりしています。

先日もこんなブログをお見掛けしました。

「成長株で配当を出す会社はダメ!
配当なんて出している場合では無く、自社の投資に使うべき!
だから成長株で配当を出している銘柄は買ってはいけません!」

確かに言っている事は正しいと思います。

しかし、この人は
「成長株で配当を出している銘柄=ダメ!」
という知識を持っているだけの話で、事実を分かっていません。

「知識と事実が結びついていない」のです。

事実は以下の通りです。
配当を出すと利益剰余金が減ります、故に、会社への投資を出来ない事がある。

逆に言うと、配当を出せるくらい利益剰余金が大量に積んでいる会社であった場合、株主に少しでも還元する姿勢が評価されて株価は上向く事はあります。

故に、浅はかな知識だけで、
買うべきでないと断定してはいけません。

事実と結びつけながら、

  • 会社がどう成長していくのか?
  • それを株主達がどう評価していくのか?

株式投資はそういったストーリーを慎重思い描いて投資する事が求められます。

本書をお読みになっている皆様は、
どうかこういった「浅はかな知識」に踊らさせられる事がないよう、
知識と事実を結びつける習慣を付けて下さい。

無料分は以上です!

成長株の教科書を使って、
自分の6年分の苦悩をショートカットしてみませんか?

成長株での成長は人生を変える事もあります!
そういう投資機会です。

今日で空気投資とはお別れしましょうー!

それでは、
slackコミュニティでお待ちしております(^^)/

【追記】購入者様の声

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。