【株探プレミアム会員が教える】決算(キャッシュフロー)のポイント6選

この記事では、以下についてお勉強出来ます。

  • 株探の基本的な使い方
  • 株探の基本的な着眼点

基礎固めとして活用してみて下さい(^^♪

株探マスター
株探マスター
私は株式相場をしぶとく生き残り、気が付けば5年経過の老兵。
成長株の危険性をファンダメンタルズ分析で回避しながら楽しく投資してます。
結果、直近戦績:5倍(1回)3倍(2回)2倍(5回)って感じです。

日本株は新興銘柄の成長株にのみ旨味有りです!
資金が無いのに資産株をやってたらおじいちゃんになっちゃいます。

【株探の使い方を解説】キャッシュフローとは?

【株探の使い方を解説】キャッシュフローとは?

決算のタブの中にキャッシュフロー(CF)という項目があります。
これは会社が保有する資産(土地・建物・実験器具等々)の中でも「現金の出入り」にフォーカスして書かれている財務諸表の1つです。

いきなり核心に触れますが、現金というのは最強の資産です。
いくら倒産しそうな会社でも、現金さえあればまたやり直せます!そもそも会社の存在意義はお金を稼ぐことです。

キャッシュフローで現金の管理が上手な会社なのかどうかを見極める事は立派なファンダメンタルズ分析と言えます。

今日はここについての解説させて頂きます!

株探マスター
株探マスター

【株探の注目ポイント】決算(キャッシュフロー)で見るべきポイント6選

株探の使い方

  • A:営業CF
  • B:投資CF
  • C:フリーCF
  • D:財務CF
  • E:現金等残高
  • F:現金比率

A:営業CF

営業CFは本業関連の現金の出入りを示しています。

基本的にはプラスであることを確認しておいた方が良いです!

マイナスだと何が起きているのか?というと、本業をやればやるほどお金が減っていく事を意味します、どう考えてもヤバいですよね(笑)

貯えがない企業は営業CFがマイナスだと、存続できなくなるということになります。

営業CFはプラスでOK!

株探マスター
株探マスター

B:投資CF

投資CFは投資活動による現金の出入りを示します。

例えば新店舗立ち上げのために投資しました!とか実験資材買いました!とかそういうものですね。

ちょっと頭が混乱するかもですが、マイナスの場合とプラスの場合で何を意味しているのか?しっかりと判断出来るようになっておくと良いと思います!

  • プラスの場合は現金が増えている⇒設備を売却した
  • マイナスの場合は現金が減っている⇒設備を購入した

なので、基本的に投資CFはマイナスであることが良いとされる指標です。
会社に求められるのは稼いだお金を適切に使って大きく育っていくこと!だということです。

投資CFはマイナスでOK!

株探マスター
株探マスター

C:フリーCF

フリーCF=営業CFー投資CFです!
FCFと記載されることが多いですが、コチラはちょっと楽をしたい人が見る指標です。
基本的には、営業CFと投資CFをチェック出来ているのであれば別に見る必要無し!って感じです。

フリーCFはプラスでOK!

株探マスター
株探マスター

D:財務CF

財務CFは財務活動に関する現金の出入りを示します。

財務活動というと難しく感じるかもですが、主に借金のことだと認識して頂いてOKです。

これも頭が混乱するかもですが、マイナスの場合とプラスの場合で何を意味しているのか?しっかりと判断出来るようになっておくと良いと思います!

  • プラスの場合は現金が増えている⇒借金した
  • マイナスの場合は現金が減っている⇒借金を返した

なので、基本的に財務CFはマイナスであることが良いとされる指標です。

借金など無い方が当然良いですよね。

財務CFはマイナスでOK!

株探マスター
株探マスター

営業CF/投資CF/財務Cのまとめ

これはもはや暗記事項です!

  • 営業CFはプラスが好ましい
  • 投資CFはマイナスが好ましい
  • 財務CFはマイナスが好ましい

要チェックです!

株探マスター
株探マスター

E:現金等残高

現金がいくらあるのか?という認識でOKです。

では、いくらあればいいのか?という話ですが、

  • 負債に対していくらあるのか?
  • 月商の2ヶ月分あるのか?

自分はこれを基準としています。

とは言え、そこまで分析すると詳しいファンダメンタルズ分析の領域に入ってしまいます。この記事は株探の使い方をお伝えするのが目的なので説明は割愛します!

ここでは、そうやって論理的に分析をしていくんだな!って認識をして頂ければ十分かと思います。

F:現金比率

現金比率は資産(土地や建物や実験器具等々)のうち現金がどれくらいを占めているのか?を表しています。

繰り返しになりますが、現金こそ最強の資産なんです。
故に、現金比率は大きい方がいいということになります!

コロナが教えてくれた現金の重要性

コロナショックで沢山の企業/普通のお店/個人で経営されている方、ほんとにたくさんの方が経済的に大打撃を被ったと思います。でも裏を返すと同業種であっても生き残っている人たちもいるんです。

それは現金比率が高い財務状況だったか否かです。

何が言いたいかというと、コロナショックによって現金の重要性を再認識したということです。

中長期で株の保有を考えているのならなおさらです!是非、ここはチェックするようにしましょう!

最後に

いかがでしたでしょうか?

あまり馴染みが無いという方もいらっしゃったのではないでしょうか?BS/PL/CFのどれを重要視しますか?というアンケートで最下位なのがCFらしいです(笑)

見ている人が少ないということは出し抜くチャンスです!特にコロナショックのお陰で現金の重要性が浮き彫りになっています。是非チェックする習慣をつけておいていただければと思います(*^^)v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。