【相場経験5年間毎日愛用】ハイパーSBIの使い方4選を徹底解説

「ハイパーSBIの使い方が分からない!」
「皆がどんな使い方をしているのか知りたい!」

ハイパーSBIを導入したけど、なんだか少し使いにくいですよね。

そんなお悩みを解決すべく、
本記事では私が実際に毎日使っている機能を4つ紹介しようと思います!

私は、丸5年間、日本株にのみ投資していますがハイパーSBIは超愛用ツールです!
結果、直近戦績:5倍(1回)3倍(2回)2倍(5回)って感じです。

そんな私がずーっと愛用し続けているハイパーSBIについてご紹介します!

本記事で学べる事
  1. ハイパーSBIの使い方
  2. 5年の相場経験者がよく使う機能4選

ハイパーSBIのご紹介


ハイパーSBIの使い方説明に入る前に、

「ハイパーSBIって何?!」

という方に向がいらっしゃると思うので、先に紹介させて頂きます。

ハイパーSBIって何?

まさに↑の画像の画面をイメージして下さい!
めっちゃ投資してる!!って感じの画面ですよね(笑)

SBI証券が提供している分析ツールです!
完全無料なので使わない手はないですよ。

ハイパーSBIを導入するには

SBI証券の口座を開設し、ハイパーSBIをダウンロードする必要があります。
具体的な手順に関してはハイパーSBI導入のロードマップをご用意しているので、
こちらご参照下さい。

【銘柄監視最強ツール】ハイパーSBIの導入~使い方のロードマップ

ハイパーSBIの使い方をご紹介


私が毎日使っている機能はコチラ!

  • 銘柄登録
  • チャート
  • マーケット情報
  • フル板

それそれ解説していきます!

株探マスター
株探マスター

銘柄登録について


この機能では、自分の監視銘柄を一括して管理することが可能です!
今この画面は既に銘柄が選択されている状況なのですが、勿論最初は何も表示されていないハズですので、使い方を解説します。

銘柄登録手順①

こちらが初期画面ですね!
赤枠をクリックして下さい

銘柄登録手順②

ここでは「リストの作成⇒リストに銘柄を入れる」という作業を実施します。

ここをクリックと書いてある場所をクリック!!

銘柄登録手順③

このようなポップアップが表示されていると思います。
リスト名を記入して下さい。

ここでは例で「TEST」と記載してみました。

銘柄登録手順④

TESTというフォルダが完成したのを確認して下さい。

次に銘柄を登録するために画面の通りの作業を実施して下さい。

銘柄登録手順⑤

このようにTEST(1)となり、銘柄が格納されているのが分かると思います。
全て銘柄を入れた後、画面を閉じて下さい。

銘柄登録手順⑥

赤枠にご自身が設定されたリストが表示されています。

画面では、今回作ったTESTの中には6033エクスリームが表示されています。

チャートの機能紹介

赤枠内のボタンにより、何の情報を表示するのか切り替えることが出来ます!


  • クォート:銘柄の諸情報が表示されます
  • 気配:気配が表示されます
  • 歩み:歩み値が表示されます
  • チャート:チャートが表示されます
  • ニュース:ニュースが表示されます。
  • 信用:信用残に関する情報が表示されます
これらを切り替えながら分析をしていきましょう!

チャート

上記の小窓ではなくて、大きな画面でもチャートを確認することが出来ます!
その機能を紹介しますね。

チャート閲覧手順①

チャートをクリックして下さい。

チャート閲覧手順②

このような画面が表示されます。

銘柄が画面上の赤枠で出来ます。
閲覧履歴も表示されているので、よく見る銘柄なんかはここクリックするだけです!

マーケット情報

詳しいマーケット情報も見る事が出来ますよ!
ここでは、株式市場の一般的な情報を網羅的に見る事が出来るので、非常に助かっています(^^)/

マーケット情報閲覧手順①

マーケット情報をクリックして下さい。

マーケット情報閲覧手順②

黄色枠で囲んでいるのが自分がチェックしている項目です。(ほぼ全部ですね笑)
上の赤枠内はマーケットサマリーが表示されています。

右上の市場の切り替えを押すと、市場が切り替わるので投資手法によって使い分けて下さい。
各々必要な情報を見て頂ければ良いのですが、自分はランキングをよく見ます。

ランキング画面

上の市場の切り替えを押すと、市場が切り替わるので投資手法によって使い分けて下さい。
左側の8項目を自分は良く見ています。これも投資手法によって使い分けて下さい。

全板

全板と書いて、フルイタってよく言いますよね。
ここでは、投資家達が具体的に入れている注文の数を見る事が出来ます!

敵の手の内を見れる訳ですね、これは使用する他ありません!

マーケット情報閲覧手順①

全板(32本)をクリックして下さい。

マーケット情報閲覧手順②

こんな感じの画面が表示されます。
左上に銘柄コードを入れて、好きな銘柄のフル板を見ることが出来ます。

板の見方も投資家の手腕の見せ所ですので、また別記事を作成する予定です!

最後に

いかがでしたか?
ハイパーSBIの具体的な使い方と共に、私が毎日使っている機能を4つ紹介させて頂きました!

特に最初に紹介した銘柄登録に関しては超重宝しています!
基本的に目をつけた銘柄は全てここに一度登録してしまいます!

何よりこのハイパーSBIは無料というのが素晴らしいですよね(笑)

まだハイパーSBIを導入していない!
という方は、こちらのロードマップをご参照下さい!

【銘柄監視最強ツール】ハイパーSBIの導入~使い方のロードマップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。